オウンドメディアマーケティングって何?コストをかけず販促を!

オウンドメディアマーケティングって何?企業の価値向上や販促にも

 こんにちは。株式会社エンデルの小津です。今回オウンドメディアマーケティングとは、オウンドメディアマーケティングでのYoutubeの活用などを書いていきたいと思います。

 

オウンドメディアマーケティングとは?

 まずオウンドメディアマーケティングとは、自社が所有し操作ができるメディアを使用してマーケティングを行う手法です。例えば自社で発行しているWEBサイトなどがオウンドメディアとして挙げられます。これらの情報媒体を使い、自社売上向上や企業価値向上などを行うマーケティング手法です。

 オウンドメディアは自社所有のメディアを指し、トリプルメディアの一つとなります。トリプルメディアは他にアーンドメディア(SNSなど自然に拡散するメディア)とペイドメディア(広告費を払いプロモーションをしてもらうメディア)といったものがあります。

オウンドメディアマーケティングが注目されているのはなんで?

オウンドメディアマーケティングが注目される理由はいくつかあります。

①自社の情報媒体を使って情報提供をする為間違った情報やイメージを伝えることがない。

②広告コストを抑えることができる。

③資産とすることができる。

④インターネットの普及とそれに伴う自社メディアの作成のしやすさ。

などが挙げられます。

①自社の情報媒体を使って情報提供をする為間違った情報やイメージを伝えることがない。

 例えばペイドメディア を利用し新サービスのプロモーションを広告会社に依頼したとします。プロモーションをするのは広告会社ですから自社の社員ではありません。そのためもしこの広告会社の人が間違ってサービス内容を解釈してしまった場合、プロモーションの結果お客様のイメージを損ねてしまう可能性があります。

 ですが自社のサービス担当者が自社メディアを使って新サービスを宣伝すれば大きく間違った利用のされ方はしないでしょう。そういった誤情報や誤ったイメージを植え付けられないように宣伝できる方法としてオウンドメディアマーケティングは注目されています。

②広告コストを抑えることができる。

 オウンドメディアを作ってしまえばそれがある間そこで広告・宣伝ができます。そのため外注を極力減らすことができ、コストカットをすることができます。

③資産とすることができる。

 次のようなものがオウンドメディアによって得られる資産として挙げられます。

①オウンドメディアで得た情報を蓄積することができる。

②オウンドメディアを介して自社のファンを作ることができる。

①オウンドメディアで得た情報を蓄積することができる。

 ペイドメディアを通してマーケティングを行った場合、その契約が終わればそのマーケティングも終わります。ですがオウンドメディアであれば半永久的に残ります。残った情報をSEO対策していけば上位表示を狙うこともできますし、ユーザーの志向を把握するための今後のデータ材料にもなります。

②オウンドメディアを介して自社のファンを作ることができる。

 オウンドメディアを運用していくとそのメディアを使ってくれるユーザーがファンになってくれます。ここでできたファンは自社の顧客にもなりますし、風評被害などがあれば心強い味方となってくれますし炎上対策にもつながります。

 また、ファンになってくれたユーザーと積極的にコミュニケーションを図ることで次の施策へのヒントとなることもあります。

オウンドメディアのデメリット

 そんなオウンドメディアですがもちろんデメリットもあります。それは自社でそれを運用するためマンパワーが必要であることと、長期に渡って運用しないと成果が上がりずらいということです。

 オウンドメディアを運用するにはそれを運用できるスキルを持った人材が必要です。例えばWEBサイトを作る場合にはある程度の専門知識を必要としますし、日々更新し続けないと有効なメディアとしてユーザーから認知されませんので情報を更新していく作業のできる人が必要です。それだけの為に新たな人員を雇用するのは逆にコストがかかってしまう場合もあるので、軌道に乗せるまでを外注に頼んでしまうのも一つの手段かもしれません。

まとめ

 オウンドメディアはとても有効なマーケティング手段の一つです。デメリットをうまく解消できれば起爆剤になりえます。今回はオウンドメディアマーケティングについて書かせていただきましたが、次回はその活用事例について書かせていただきます。

 弊社もYoutubeをオウンドメディアとして活用するためのコンサルティングを行わせていただいておりますので、ぜひご興味ありましたらお問い合わせいただければと思います。